FC2ブログ

リトルチベット

from roof top restaurant

Namgyal Tsemo

moon
(NEWFM2/1,2枚目:Solaris200、3枚目:CENTURIA100)

屋上レストランからの眺め。


----------------------------------------------------
★ラダックのこと★

インドのジャンムー・カシミール州に属するラダックは
リトルチベットと呼ばれているだけあって、
チベット系の人も多く、文化的・地形的にもチベットとよく似ている。
だから、ここはインドというよりチベットだ。
でもチベットともちょっと違う・・・。

それはこの州がイスラム教徒の多いパキスタンと近いことや、
中国と近いこと、そして行政的にはインドだということ、
色々な事情から来ているんだと思う。
パキスタンとは2003年以来停戦が実現しているけど、
街には軍人がとても多い。
道路や空港も軍事目的で作られたとか。
複雑だ。

でもここには「フリーチベット」と叫べる自由がある。
ダライラマの写真もあちこちに飾られている。
これはチベットではできないこと。
中国の支配下にあるチベットの文化がどんどん破壊されていく中で、
このラダックの存在は大きな意味があると思う。
あるんだけど・・・
やっぱりチベットがチベット文化を保てる状況じゃないといけない。
人々の自由が認められないといけないです。
オリンピックの時に少し騒がれたけど、
ほとんどの人はチベット問題のことを忘れかけているんじゃないかな。
自分に何ができるのかも分からないもどかしい夜。
こんな時はやっぱり音楽に力を借りよう。
ビョーク!!



Comment

すてきですねぇ。
日本では見られそうもない景色。

国境を陸で接する国々にはいろいろな
問題があるのですね。みんなが少しずつ
我慢して譲り合うという気持ちだけでは
だめなのでしょうか。

ラサさんの名前はチベットのラサから
来ているのでしょうか、今さらですが。。。
  • 2009/08/16 19:59
  • こまこ
  • URL
  • Edit
→こまこさん
こんばんは!
そうですね、みんなちゃんと対話をして譲り合えたらいいのにと思います。

ラサという名前、チベットのラサからもらいました^^
いつかチベットに本当の自由が来ればいいな、
ダライラマ14世がチベットに帰れる日が来るといいな、
そんな思いで付けました。
旅行写真、楽しく拝見させていただいてます。

坂本龍一の曲にチベタンダンスという曲がありまして。
その曲が頭の中をクルクル回り始めました。

ラサというのはやはり、ラサ地区に由来するものだったのですね。

こうしてチベット本体ではなく、
リトルチベットにその文化や自由が感じられるというのは悲しい現実ですね。

僕も以前ブログの中でチベット問題について少し書いた事がありますが、
今やすっかり話題として下火になってしまいましたよね。
そうしている間にもチベットやウイグルでは虐殺だけでなく文化の破壊が行われている。
何故か中国の問題になると黙ってしまう日本のマスコミ・・。
現実はシビアです。

こういった小さな場からでも、言葉や思いを発することが大切なんだなと思います。
→スメハッチャンさん
こんばんは☆
スメハッチャンさんならこの記事に反応してくれるかなーと、
密かに思ってました^^
ありがとうございます。

そうなんですよね、微力ながらこういうところで発信するのが、
自分にできることの1つなんですよね。
この気持ち、大事にしなくっちゃ。

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)