ぶらり長崎猫散歩

  • Day:2017.03.15 22:22
  • Cat:NewFM2
nagasaki2016


nagasaki2016


nagasaki2016


nagasaki2016


nagasaki2016


nagasaki2016


nagasaki2016

猫町、長崎。

Comment

記憶の中の東京、長崎。
この街は今もそこにあるんだから、行こうと思えばいつでも行けるはずなんだけど、もう二度と同じ街には行けないような気もする。
活力があればあるほど、あの時の街とは変わってしまっているんじゃないかと思うのですね。
だからこそ街を撮った写真というのは魅力的。
茹だるような夏の東京にも、すり鉢の内側みたいな長崎の路地にも、絶対また遊びに行きたいです。
狛さん
街も生きものですね。
絶えず変化をしていて、記憶の欠片も幻のようになっていくけれど、
写真のおかげで幻じゃないと気づかされるわけで。
絶対にまた遊びに行きたいという意思があれば、絶対行けます!
狛さんの旅写真、いつも楽しみにしています。
  • 2017/03/18 22:44
  • ラサ
  • URL
ベンチで和む三匹、の真ん中の猫、
黒い「”」みたいな模様がすごいですね。
起き上がったらどうなるの? とか、
反対側はどうなってるの? とか、
非常に気になります。

一枚目の町並みもなんだか不思議です。
真ん中あたりに日本離れした建物が見えますが、
周りの住宅も南蛮風に見えてきたりして。
ミッチリ詰まった感じですね。
家々の隙間を縫って歩いてみたいです(^^。
  • 2017/03/20 21:49
  • hal
  • URL
  • Edit
halさん
さすがhalさん、見るところがおもしろいなぁ。
猫の模様、言われるまで気づきませんでした(-_-;)

長崎は本当に半端ない階段が多くて、毎日筋トレしているようなものでした。
でも猫がいっぱいいるし、休憩スポットのような椅子もたまに見かけたので、
写真散歩をするにはいい街だと思います。
halさん、行ったら楽しめると思いますよ♪
私もまだまだ歩き足りないです(-ω-)
  • 2017/03/20 23:25
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)