彼岸にて。

2004_08250088_R.jpg

2004_08080073_R.jpg

2004_08300060_R.jpg

2005_05080073_R.jpg

先日、東京都写真美術館に杉本博司展を見に行ったら、
たまたまキヤノンの公募展『写真新世紀』の展示もされていたので見てきました。
『写真新世紀』と言えば、写真家の登竜門的存在。
私もずいぶん前に出したことがありますが、結果は出ませんでした。
その時の写真がたまたま出てきたので、一気に出してみます。
見返して見たら、笑えるほど『彼岸にて。』ブログのまんまでした。
応募したのは10年前、写真そのものは12年前頃のものもあります。
大量なので、ご興味とお時間のある方はご覧くださいませ。
恥ずかしながら、これが私なんだな、と思いました。
2004_10300070_R.jpg

2005_01290101_R.jpg

2005_01140083_R.jpg

2005_01020085_R.jpg

2004_09100070_R.jpg

2005_03280078_R.jpg

2004_0626画像0042_R

2005_01290110_R.jpg

2005_02070110_R.jpg

2005_04170105_R.jpg

2005_01020085_R.jpg

2005_06120097_R.jpg

2005_05250106_R.jpg

2005_05160074_R.jpg

2005_06050111_R.jpg

2005_12080077_R.jpg

2005_06050101_R.jpg

2005_10240100__R.jpg

2005_07020093_R.jpg

2006_0328画像0058_R

2006_0328画像0056__R

2005_12180093_R.jpg

2005_09020065_R.jpg

2006_0417画像0069_R

2006_0523画像0078_R

2006_0107画像0045__R

2006_0417画像0077__R

2006_0529画像0081_R

04004048_R.jpg

02172821_R.jpg

2005_09260087_R.jpg

30173512a_R.jpg

13143208_R.jpg

12132005_R.jpg

17123427_R.jpg

16164817_R.jpg

31161834_R.jpg

DSC_0050_R.jpg

DSC_0064_R.jpg

DSC_0167_R.jpg

img020s_R.jpg

色々未熟で恥ずかしいですが、自分の軌跡と思い掲載してみました。
これが、2013年の個展『うたかた』に繋がっている気がします。
『うたかた』はフォトバックアワードにノミネートされたので、ひとまずヨシとします。
ご覧いただきありがとうございました

Comment

確かに、濃密な「彼岸にて」ワールドですね。
今撮った写真と言われてもちっとも疑いようもないところがすごい。
毎日続いていく生と、そのすぐそばにあるうっすらとした死の影と、そのバランスから世界というものの姿が見える。
そんな気がしました。

僕は「彼岸にて」ワールドが好きなので。
こうしてまとめて見れると嬉しいのです。
写真集見てるみたい。
儚さと幸せが同居する世界。
素敵です。
  • 2016/11/13 20:57
  • toita
  • URL
うん、ほんと、「彼岸にて」ワールドですね!
その世界観からブレずにずっと撮り続けられているのがスゴイ。
どれを見てもラサさんの写真ってわかるし、それが束になっているのあを見ると圧倒されますよ。
もっともっと見てみたいと思いますもん。
こんばんは!
長い間写真を撮り続けて変わらないところがあるなら、それがラサさんのコアにあるものなんだろうし、それを掘り下げていくのもいいし、またそこから色々と発展させていくのも面白いと思います。振り返って自分の撮ってきたものをそうやって眺めなおしてみるのも、その場の状況によって色々撮っているように見えて、そんななかでも自分の立っている場所みたいなものが見えてきそうで、たまにそういうことをやってみるのも必要なのかもと思いました。
写真拝見して、心象的な写真が中心になっているんだなぁと感じます。客観的に外にあるものを撮って内面的なものを反映させることが出来る、ラサさんの腕ももちろんあるんだけど、写真は本当に不思議だとあらためて思います。わたしはどちらかというと腑分けするみたいに対象を撮るから、こういう写真を拝見すると自分にはない発想に本当に感心します。
死生観が出ているのも興味深いところかな。癒しの写真とかに落としていないところがかっこいいし目を引くところのよう。見ようによっては不安でちょっと怖い写真があるのがいいと思います。こういう感覚は露骨にしない形でなかなか上手く出せないんですよね。

3枚目の蜘蛛の写真!これアシダカグモでしょ。今年の夏に我が部屋に出てきた時、わたしは慌てふためいただけだったけど、やっぱりここは写真に撮っておくべきでした。
皆さんのおっしゃる通り、まさに「彼岸にて」の縮図。
一貫して放たれる生への疑問と執着、
力強くもあり微弱でもあり、その両局面を感じます。

この、一瞬異空間に感じる感覚から逃れることができず、
時折覗いてしまう私です。
  • 2016/11/13 22:43
  • kei
  • URL
  • Edit
狛さん
ね、何にも変わってないでしょう(^-^;
若者の時期はとっくに過ぎ、それなりに色々な経験を重ねても、
根本が変わらないから写真も変わらないんですよね。
まー我ながらよく飽きずに!っと思いますが、日本人だから仕方ないのかなぁ。
ほら、無常観に弱いから・・・。
狛さん、いつもありがとうー。
  • 2016/11/14 00:07
  • ラサ
  • URL
toitaさん
嬉しいです、ありがとうございます♪
写真ってやっぱり自分をさらけ出すのと同じですね。
さすがに10年前ともなると恥ずかしい・・・。

あ、toitaさん、あにまる展で撮ってくれたピンホール写真見せてくださいよー
普通でもいいから!(・∀・)
  • 2016/11/14 00:14
  • ラサ
  • URL
RYO-JIさん
本当ですか?飽きてませんかー?(笑)
多分このままずっとこんな写真が続きますよ(^-^;)
せめて写真の精度は上げたいところです。

でもよく考えたら、それなりに長くブログを続けている方は、
皆さんそれぞれの世界観や写真のスタイルがブレていないなーと感じます。
もちろんRYO-JIさんも!
  • 2016/11/14 00:27
  • ラサ
  • URL
薄荷グリーンさん
こんばんは!
飽きっぽい私がずっと写真を続けてこれたのは、
撮影行為が感情のはけ口であったり、愛おしいものを閉じ込められる喜びだったり、
自分の感情と直結しているからなのだと思います。

これらの写真は10年以上前のものが多く、当時は若かったこともあり、
心象的なところが顕著に出ている写真もありますね。
お風呂上りに、曇った鏡に指で書いたスマイルマークは、
確か「明日の仕事も笑って頑張れるように」と気合を入れるために書いたのですが、
一瞬にして雫が垂れて泣き顔に(;-;)
泣くんじゃないよ、笑うんだよーって、一人でツッコミを入れつつ、写真を撮りました。
そんな日々の写真たち。
見返すと恥ずかしさと懐かしさと愛おしさがこみ上げてきます。

死生観は、私にとって永遠の壮大なテーマ!
そういうことにはずっと敏感でありたいなぁ。

3枚目の蜘蛛、アシダカグモというのですか?
薄荷グリーンさんのブログにも出てたアレですね。
自宅に出たらさすがにビックリしそう!
ちなみに、これはどこかの公衆トイレで撮りました。
フラッシュを一発たいて、撮り逃げしたのを覚えています(^-^;


  • 2016/11/14 00:58
  • ラサ
  • URL
keiさん
ありがとうございます。
「一瞬異空間に感じる感覚」って、もしかしたら
私がシャッターを切る瞬間に感じる感覚と近いのかもしれません。
ファインダーの中の世界はいつも「目の前にある異空間」で、
シャッターを切った瞬間にその世界から解き放たれるような気がします。

keiさんも長くお付き合いくださり、感謝感謝です!
  • 2016/11/14 01:16
  • ラサ
  • URL
すてきな宇宙旅行
全部合わせてひとつの星になるな、とおもいました。

もしゃもしゃと全部を混ぜて 丸めた ラサ星。

色は蒼グレーね。


すてきな宇宙旅行でした。
サンキュー!









コトバがないのがいいですね。

こんばんは〜。
川に車椅子が投げ込まれている写真がありますね。
実は私もこのような写真を撮ったことがありまして、
それは保土ヶ谷駅近く、駐輪場そばの川でした。
もしかしてラサさんと同じかなと?
とにかく衝撃的でしたね。
デジカメ丸さん
ラサ星へようこそ!
次は虹色の世界へお連れしたいと思います(*^-^*)

私も楓星へ旅に出ようっと。
  • 2016/11/17 16:51
  • ラサ
  • URL
さかみちさん
こんばんは!
車いすは同じですね、帷子川の。。
何とも言えない気持ちでシャッターを切りました。

ヒマワリ、落ちたサザンカの花、新緑の葉、桜を写したものなどは保土ヶ谷で撮りました。
煙突もそうだと思いますが、ちょっと記憶が曖昧です。
ちなみに白クジャクは野毛山動物園です~。
  • 2016/11/17 16:58
  • ラサ
  • URL
拝見しました。伝わりました!
10年前のラサさん、なのですね。
根底に流れるものはずっと変わらないのだと思いますが、
今のラサさんだったらどんなセレクトになるのか、
見てみたい気がしました。
野毛山の白孔雀、私も撮った気がします。
それから、つい最近某公募展用に、
「かぐや」から見た地球の写真を撮ってたので、
月から見た地球の写真を発見して、
シンパシーを感じてしまいました!
(それは出さないのですけどね)

見せていただいてありがとうございました♪
  • 2016/11/23 10:13
  • ヒツジ草
  • URL
  • Edit
ヒツジ草さん
伝わりましたか!よかったです(*^^*)
なんとなく新世紀は写真枚数が多い方がいいような気がして、
当時はいっぱい出してしまいましたが、もっと絞り込んだ方が良かったのかもしれませんね。
野毛山の白孔雀、美しいですよね~。
最近は行っていないけど今もいるのかな。
ヒツジ草さんも白孔雀や宇宙から見た地球の写真を撮っていたとは!
ぜひ拝見したいです(´-`*)

見ていただきありがとうございました( *´艸`)
  • 2016/11/24 00:19
  • ラサ
  • URL

グログタイトルそのまんまの記事・・・

繰り返される明滅のような、一瞬のイメージの連なり、
そしてそれらが、ラサさんの視神経のまえで、
いずれも《等価》であることに、キュンとくるです。。。゚(。´□`)゚。

幸せと不幸せは、たぶん手のなかにあるコインの裏表。
手を開けばどちらかの面だけが、いまそこで、
(仮に)見えてはいるのだけれど、もともとが、文字通りの《対》。 
けっして離れ得ず、二つそろって一組であるもの。。。

あ、少し前の「おひるね」。最高でしたぁぁ〜〜♪
僕も写真のなかに混じりたいですぅぅ(モチロン、イヌの横ね♪(ぷぷっ))

それにしても・・・ 11月に降る雪に、もうびっくりですっっ!!
地震も多発してるし、天変地異の前触れちゃうかしらん・・・と、
ハラハラ心配する僕を横目に、イヌはひたすら喜んでましたが。。。(爆)
http://blog-imgs-91.fc2.com/g/d/m/gdmt/161124-001.jpg


G.D.M.T.さん
コメントありがとうございます!

《等価》・・・。
そうかぁ、私はもしかしたら、
目の前で起きる色々なことをファインダーを通して見ることによって、
自分を納得させているのかもしれません。
どうしても通り過ぎることはできない被写体たち。
表裏一体の世界。
うーん、言葉にするのは本当に難しいです。。

おひるね、かわいいでしょ?
色もポップで、あぁこれはシャッターチャンス!と迷いなくシャッター切りました。
G.D.M.T.さんもハグちゃんとお昼寝しているところ撮りましょうか(笑)
いつでもモデルさん大募集~(*´з`)

本当、雪すごかったですね。
11月に降るなんて。
ハグちゃんものっすごくいい表情!最高(*^▽^*)
確かに天変地異も頭をよぎりましたが、私も外に飛び出しちゃいました( *´艸`)
あぁ、ハグちゃんと雪の中を走り回りたい~♪
  • 2016/11/24 23:24
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)