某日

  • Day:2016.09.16 22:22
  • Cat:iPhone
iphone2015


iphone2015


iphone2015


iphone2015


iphone2015

Comment

こんばんは。
最後の写真すごいですね!
こんな瞬間が撮れるなんて羨ましいです。
たんぽぽの綿毛みたい^^
こんばんは!
花の光の当たり方がかっこいいなぁ。影だけが目立つんでもなく、光と影が一緒になって独特の立体感を見せてる感じ。バックが真っ黒なのも効いてます。スタイリッシュ!
最後の写真の瞬間の切り取り方は、こういうのはわたしはほとんど上手くいったことがないです。今か?今シャッターを押すのか?と思ってるうちに、目の前の瞬間は一気に通り過ぎてしまう感じです。上手くいけばやった!って思うでしょ。

無骨でハードな配管とか機械とか、地面や壁の模様とかわたしも被写体にするけど、写真にしてみると意外と絵になるんですよね。普通にはあまり綺麗だとは思われてないものを写真として成立させてみるのは面白いです。壁の模様とかアンフォルメルの絵画みたいだし。
でも壁や地面を撮ってる姿勢は、撮ってる本人は夢中だから気にしてないんだけど、傍から見ると奇妙に見えるだろうなぁ。
mintさん
こんばんは~。
最後の写真、ヒッチコックの映画の『鳥』みたいだな~と思いながら撮りました。
仕事帰りに駅前で見かけた光景なんですけど、本当に鳥の声がうるさいほどでした。
定期的に木からムクドリの群れが飛びたつので、
思わずカメラを向けてシャッターチャンスを待ってしまったのですが、
他にも撮っていた方が何人かいたので、それだけみんなも驚いたのだと思います。
確かに、この構図だとタンポポの綿毛みたいですね!(^^)!
  • 2016/09/17 20:32
  • ラサ
  • URL
薄荷グリーンさん
こんばんは!
iPhoneのモノクロは、ハイコントラストで勝手にかっこよく写ってくれます(^-^;

最後の写真は、シャッターチャンスが一度だけだと難しいかもしれませんが、
このときはムクドリが木から飛び立ってはグルッと周囲を飛んで木に戻る、
という行為を繰り返してくれたのでなんとか撮れました。

地面や壁は、おもしろい被写体ですよね。
特に雨の日は。
一枚目は、宇宙人みたいだなと地面を写したもので、
二枚目はドラム缶を上から撮ったものです。これは鳥のよう、と思いました。
恥ずかしながらアンフォルメルという言葉を知らなかったのですが、
抽象作品のことなのでしょうか。
薄荷グリーンさん、物知りだなぁ。
文章を読んでいても知的さがうかがえます。
私とは大違いだー(-_-;)
確かに壁や地面を撮っていると他人から変な目で見られたり、
時には好奇心旺盛なおばさまから「何を撮っているの?」と聞かれて答えに困ったりもしますが、
もうこれは割り切るしかないですねー。
絶対誰も見てない!って思って(笑)
  • 2016/09/17 20:43
  • ラサ
  • URL
こんばんは!
アンフォルメル、戦後の美術運動で非定形的なものっていうくらいの意味かな。仰るとおりいわゆる抽象的な絵画で、大体絵具を撒き散らしたような平面になってることが多いです。
実はほんの少し前まで京都国立近代美術館でアンフォルメルと日本の美術っていう展覧会をやっていて、それで頭にこの言葉が出てきたっていうわけでした。
今日わたしも壁の写真撮ってました。壁の前にしゃがみこんで。もう開き直るほかないですよね。わたしも誰かがそばにいたりしても気がつかなかった事にしてます。でもさすがに地面に寝転んで撮るまではやったことないかな。
カメラ構えると意外と肝が据わるような感じにはなるでしょ。

群れてる鳥はムクドリなんだ。そういえば京都駅近くのイオンモールの木の根元に異常にムクドリが繁殖してるから落ちてくる糞に注意して!なんていう貼り紙がしてありました。あの木の下で待ってたらこういう光景が見られたのかな。
すずめが群れなして飛んでるのは見たことがあるんだけどなぁ。
  • 2016/09/18 00:45
  • 薄荷グリーン
  • URL
  • Edit
面白いですね~。
1枚目は↑の方のレスも見ましたが、
私も宇宙人のように見えました。2枚目、無機質だけど、
細かい傷がなんだか柔らかい感じがあって、
3枚目は生命感溢れる花、でも陰影がはっきりしてて
2枚目のコンクリートよりかっちりして見えるんですよね~。
4枚目で硬質の金属、5枚目で一気に空から宇宙へと視界が広がって。
空を蠢く鳥の影を思い出しました。私も藤沢で見たことがあります。
今度の公募展のテーマが「ワタシハウチュウジンデス」
または、宇宙っぽいものなので、
どう攻めようか思案中なのですw
  • 2016/09/18 12:09
  • ヒツジ草
  • URL
  • Edit
薄荷グリーンさん
こんばんは!
アンフォルメル、なるほど~。
ジャスパー・ジョーンズとかもそうなのかしら?

うんうん、壁を撮っていても地面を撮っていても気にしないことですね!
以前、しゃがみこんで地面を撮っていたら
「体調が悪いのかと・・・」と優しい方に声をかけられたことがありますが、
ニッコリ笑って「写真撮ってました!」と答えたら不思議そうな顔で過ぎ去っていきました。
そういうことがあるたびに「ふう~」と少し気が滅入りますが、
こればっかりは仕方ないですもんね。

地面に寝ころんで猫を撮っている人は何度か見かけたことがありますが、
さすがに私もやったことありません(^-^;
でも、それぐらい思いっきり撮影しているのってなんだか羨ましく感じたりもします。

そうそう、鳥の群れはムクドリなんですよ。
京都駅近くにもいるのですね。
きっと飛び立つときは繰り返すので、タイミングしだいでは撮れると思いますよ~
ぜひ!!
  • 2016/09/18 22:39
  • ラサ
  • URL
ヒツジ草さん
1枚目、宇宙人に見えましたか!よかった~
言われて気づいたのですが、もしかしたら2枚目と3枚目の差は、
その日の天気かもしれません。
2枚目は曇りで、3枚目は晴れだったから、それが写真にも影響したんだろうなぁ。

藤沢のムクドリ、すごいですよね。
今までは気づかなかったんだけど、この日はもう声がすごくて、
導かれるように鳥を見上げていました。

「ワタシハウチュウジンデス」ってテーマおもしろいですね!
でも難しい・・・
宇宙っぽいものはなんとなく撮れそうな気がしますが、
私は宇宙人って(笑)
変な形の野菜とかしか思いつかないです。
あれこれ、妄想が膨らみますw
  • 2016/09/18 22:45
  • ラサ
  • URL
こんばんは!
あまり記事と関係ないことで申し訳ないけど、もう一度コメント欄をお借りします。
ジャスパー・ジョーンズ、好きなんですか?そういえばわりとごちゃごちゃした絵も描いてますよね。でもわたしの受け止め方はどちらかというとポップアートなんかに繋がってる感じかなぁ。アンフォルメルはヨーロッパの動きだったけどアメリカで言うとジャクソン・ポロック辺りが近いんじゃないかな。
ジャスパー・ジョーンズと言うと使っていた画材の蜜蝋というのが何だか美味しそうな画材だなぁって思ってました。今もこの漢字みるとちょっと美味しそうって思います。
絵画のほうから写真の何かのヒントも得られるかもしれないので、基本的に絵画を見るのは嫌いじゃないということもあって、機会があれがいろんな物を見てみたいと思ってます。
あと、映画。ベンダーズとかタルコフスキーとかキアロスタミだったか、監督が撮った写真集が出てるし。写真が好きな監督さんは一杯いそうです。
  • 2016/09/20 00:30
  • 薄荷グリーン
  • URL
  • Edit
薄荷グリーンさん
こんばんは!
ジャスパー・ジョーンズははるか昔の学生時代に展示を見に行ったことがあって、
当時は「こんな芸術もあるのか」と印象的だった記憶があります。
なるほど、ジャクソン・ポロックかぁ。
蜜蝋は最近少し身近になってきましたね。
どういうわけかプレゼントとして蜜蝋のキャンドルや、紙袋をもらったりしています。
縁があるのかしら?

絵画も映画も、写真に通じている部分は大いにありますね。
フェルメールの光、ワイエスの構図、ATGの実験映画、私も色々影響受けているかも・・・。
映画監督が撮った写真集なんてのもあるのですか。
薄荷グリーンさん本当物知り!
文章を読んでいると、写真評論家になれるんじゃないか・・・と思う時があります(*'ω'*)
  • 2016/09/20 22:53
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)