ツバメ、飛来

  • Day:2016.04.29 23:59
  • Cat:iPhone
sakura2016.jpg

色々悩んだり考えたりして頭がいっぱいになってしまったので、一旦リセット
頭の中を開放する写真を
これは掛け軸のイメージ
さぁ、今年もツバメがやってきた
びゅーん

Comment

縦長のフォーマットって楽しいですね。
またツバメが綺麗に並んでるんだ。
  • 2016/05/01 19:45
  • toita
  • URL
toitaさん
キレイに並べたの。
スタンプツールで、ポンポンポン!とね。
今回はお遊びです( *´艸`)
  • 2016/05/02 21:37
  • ラサ
  • URL

コレ、めちゃめちゃ好きです♪

最初、なにかなぁ。。。と思って下にスクロールしていったら、
絶妙な位置に桜が出てきて、キャーーー!となりました(←だいぶ黄色い声で(爆))

この掛け軸、部屋に飾りたいです (*´人`*)

で、iPhoneで撮ってるんだ・・・と思って、
こーゆーフォーマットがあったっけ?ってなったんですが、
上のコメレス読んだら「スタンプツールでポンポンポン」て(笑)

う〜ん、なるほろ〜♪
こちらも頭の中が心地よく解放された気分です(^^)

「白と青の世界」、「night picnic」も、めっちゃ素敵でした。
記録でなく、記憶の世界とゆー感じ。
必要以上に写りすぎていないところがイイのです。
やっぱり、こーゆーのはフィルムですよねえ。。。

G.D.M.T. さん
G.D.M.T. さん
ありがとうございます( *´艸`)

思うようにツバメが撮れなくて、だったらとスタンプツール使ってしまいました。笑
iPhoneで撮って、トリミング+スタンプですね。
フォトショップとか普段使わないのでまともに使えないんですけれど、
たまにこういうのやりたくなるんです(´-`*)

部屋に飾りたいと言ってくれてありがとうございます♪

「白と青の世界」は感動をそのまま切り取ったもので、
「night picnic」は一枚は遊び、一枚は記憶、です。
私にとって写真は「記録」「記憶」「遊び」の3種類あります。
「遊び」は時として自己の「表現」ですが、
「記憶」は後から見て自然と「表現」になっていることが多いです。
「記録」は、まさに記録、ですね(笑)
それはデジタルでもフィルムでもあまり変わりません。
シャッターを押した時の感覚は、だいぶ違いますが・・・。
きれいすぎないフィルムは、心を通して見た『視界』と近い気がします。
大好きな写真機、ずっと心のそばにあってほしいなぁ。

あ!ものいいの「ちがうかー」全く想像していなかったので笑ってしまいました(゚д゚)!笑
いつもの感じで、素敵な曲のリンクでも貼ってるものと思いましたから(/ω\)
  • 2016/05/07 21:00
  • ラサ
  • URL

>きれいすぎないフィルムは、心を通して見た『視界』と近い気がします。

う〜ん、とっても素敵な言葉ですねえ♪

そうそう、デジタルだと《記憶》として写しとろうと思っても、
写りすぎて(=無駄にキレイすぎて)《記録》になってしまう場合が多々あります。
また、すぐにプレビューできるのもよくありません。
その場で「イマイチだなぁ〜。。。」なんつって、想い通りの画になるまで撮り直したりすると、
写真としては完成体にむかっているかしれないのだけれど、
もうそこでは被写体・・・ラサさんの言葉を借りれば、
心を通して見た『視界』への《第一印象》の感動が薄れていることになります。
ようするに、シャッターを押す動機が不純になっちゃうっつう(爆)
なので僕は、あまりその場でプレビューしませんっっ (`・ω・´)キリッ

あ、「遊び」は感覚としてきわめて純粋ですよ(笑) 
だからこそ「表現」になりうるのでしょう。

写真は、もっと直感的でありたいですよねえ。
直感的であるがゆえに、いとおしいのだ。
たとえそれが、他人からみたら失敗写真であっても。。。(と、自己肯定したりして(ぷっ))

あ、ものいいの件(笑) してやったり、デス(ぷっ)

「海へ行こう」は、松島ですか? いいなぁ〜♪
G.D.M.T.さん
そうですねぇ、デジタルは難しいです。
すぐにプレビューしないのは私もおんなじです♪
時々、後から見て「あれ?」っていうのもありますが(^^;)

>直感的であるがゆえに、いとおしいのだ。

おぉ!名言出たぁ~~~Σ(・ω・ノ)ノ!
ほんとそう、だからこそ恥ずかしい時もあるのです。。

ものいい、ヤラレマシタ(-_-メ)

「海へ行こう」は松島ですよ!
カモメ、じゃなかったウミネコとの船旅、最高でした♪
  • 2016/05/11 11:47
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)