ドキドキ動物探検ツアー

さて、午後はいよいよ「ドキドキ動物探検ツアー」です。
日本語を話せるガイドのメリッサさんに案内してもらいます。
我々3人を含め全8人で出発。

cairns2012

まずか巨大なアリ塚を目指し、なぜか「アリを食べてみましょう」となる。。
アボリジニの人たちは昔カルシウム摂取のためによく食べていたのだとか。
なぜか誰も断らず食べている。
現地に行くとそんなにも開放的になるものでしょうか・・・。
とはいえ、一人だけ断るわけにもいかないので私も気合いを入れていただきました。
ハーブのようなさわやかなアリさんでした(´・ω・`)

cairns2012

その後は野生のカンガルー探し。
ゴルフ場でまったりしているところを目撃。
そして!!
次はロックワラビーと戯れる時間(*´▽`*)

cairns2012

かわいい・・・!!

cairns2012

かわいい・・・!!!

cairns2012

餌付けもできちゃう。
「ドキドキ動物探検ツアー」、後半につづきます。

Comment


・・・やべっ!

身の回りがバタバタしていたら、
ドキドキ動物探検ツアーにすっかり遅れたぁぁ〜〜!!(ぷっ)

ま、ドラえもんに出してもらったタイムマシンで時間を戻して・・とっ♪(のび太か!)

1枚め、てっきりゴリラかと思っちゃった(笑)・・ら・・・
・・・な、な、なんと、アリ塚でしたかぁ〜〜〜!(爆笑)
アリは食べると、甘い説と酸っぱい説の2つに別れると思い込んでましたけど、
突然まさかの新説登場、「ハーブのよう」って・・・(んぷっ)
(´・ω・`)←この顔文字が、味のビミョーさを見事に表してるような(笑)

ロックワラビーの可愛さは・・・もうタマらんですっっ。
上の続き記事の、食事してるトコのハグ姿(!!)も、めっちゃ愛おしい。
あぁぁ、コッソリさらって帰りたいぃぃ。。。(犯罪、ダメ、絶対(笑))
ワラビーと遊ぶエリマキトカゲの様子は撮らなかったんですか?
う〜ん、見てみたかったなぁ〜。。。 (*´人`*)

カモノハシの姿は・・・ あまりに謎すぎてネッシー並っっ(笑)

へえ〜、点滅しないホタルってのもいるんですねえ。
しかもなにげに、反転しているオリオン座にみえなくもないっつうネ(驚!)
まさに、地上の宇宙。 実に美しいです、ハイ。

さらに上の記事の、バタフライサンクチュアリの様子もステキでした♪

身の回りでは絶対に逢えないみれない生き物たちを、
こうしてたっぷり堪能させていただけて、感謝感謝です〜 (*´人`*)

 
G.D.M.T. さん
ふふ、オーストラリア旅ガンガンいきますよ~(*^^*)

え?一枚目ゴリラ・・・!?
ほ、ほんとだ・・・ゴリラっぽい!(◎_◎;)
言われるまで気づきませんでした(笑)

アリさんはですね、実は酸っぱいのもいました。
でも酸っぱいのは食べたのではなくて、舐めたのです。。お尻をね、ちょっとだけ(/ω\)
酸味と、少ししびれるような感覚もあったような記憶があります。

ロックワラビーかわいいでしょう?
餌をあげると、手に歯がコツコツあたるんですよ(笑)
でも食いしん坊に狙われたら大変です。
襲われるといっても過言ではないかも、、
「ちょうだい、ちょうだい、ねぇちょうだいってば!!!」ってガンガンやってきます(^^;)

ハグしているのはポッサムですね。
親子でかわいかったですよ~
エリマキトカゲはすんごい地味だったんですよ!
木の上でぼーっとしていて、木と同化していて。
イメージと全然違いました(-ω-)

カモノハシ、本場の川で見てもよく分からなかったので、
帰国してからネットで見ました(笑)
全く変わった生き物です。

ホタルもよかったのですが、やっぱり点滅しているほうが好きだなぁ。
今までで一番感動したホタルはアマゾンで見たホタル!です( *´艸`)
電気もない真っ暗なコテージのそばをふわりふわりと飛ぶ様子は、とても幻想的でした。
暗闇だったせいかもしれませんが、その明るさがとても大きく感じたのです。

話しは戻って、バタフライサンクチュアリ!
ユリシスという青い蝶々、また見たいなぁ。
日本の蝶園にはいないのかなー。
  • 2015/09/16 01:20
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)