FC2ブログ

蘇生

今回は私の写真ではありません。

67570013a_R.jpg

どこのどなたが撮った写真か分かりません。

骨董屋で手にした古いカメラに入っていたフジクローム100を、
勝手ながら現像してみました。
と言っても、写っているかも分からないポジフィルムを現像に出すのはもったいない。
現像代高いから。。
そこでネガ現像(クロスプロセス)でお願いしてみました。
生き還ったよ、写真がミラクルに!
撮った本人が、見ることはないであろう写真たち。続きは以下に。
67570003_R.jpg

67570005_R.jpg

67570010_R.jpg

67570018_R.jpg

67570021_R.jpg

67570034_R.jpg

67570036_R.jpg

服装からして、70年代と推測。
どうでしょう?
よくフィルムが生きていました。
結構素敵だったので思わず公表してしまいました。
時効ということでお許し下さい。

(実験おわり)

Comment

おお!
まさに、おおいなるものからのプレゼント。

真っ直ぐに宛先人に届いた、と贈り主は満足なされたことでしょう。
  • 2014/01/26 09:41
  • デジカメ丸
  • URL
  • Edit
こういうエピソードがある写真がたまらなく好きです。
  • 2014/01/26 15:18
  • タナカホンヤ
  • URL
なんか  ロマン!!
イイハナシダー
  • 2014/01/26 16:00
  • 泪くん
  • URL
凄いね。
タイムカプセルだ。
確かに70年代っぽいね。
海の写真。何か凄くいい雰囲気してる。
デジカメ丸さん
まさかこんな形で届けられるとは・・・でしょうねぇ♪笑

何も写っていないかもというリスクはあるけれど、
宝物を探すようなドキドキ感もありました(*´∀`*)
  • 2014/01/26 22:24
  • ラサ
  • URL
タナカホンヤさん
こういうので写真展やってもおもしろいかもね~。
主なき写真たち。。
  • 2014/01/26 22:25
  • ラサ
  • URL
泪くんさん
ロマンっていい言葉!
久しぶりに聞きました。笑
ロマン、大事ですヽ(・∀・)ノ
  • 2014/01/26 22:26
  • ラサ
  • URL
toitaさん
ほんとタイムカプセル!
しかも赤の他人の私が開けちゃったよー笑

写真ってやっぱり撮った人の意志や思いが写るから、見たとき感動しちゃいました。
きっとこの人は、海に感動したりして撮ったんだろうなぁ。
最後の写真からして写真旅行かな~。
クロスプロセスなかなか正解でした♪
  • 2014/01/26 22:33
  • ラサ
  • URL
すごいすごい!
こんな体験なかなかできないですよ。
いろんなことが想像できて面白い。
現像したラサさんの行動に拍手です!!
これもフィルムならではの面白さ!
撮った本人はクロスで現像されるとは
思ってなかったでしょうね:)

渡したフィルム、1本くらい撮っといて
二人で無造作多重露光とかしたら面白かったなーと
今さらながらに思いました 笑
RYO-JIさん
拍手ありがとうございまーす!
こう、古いフィルムを手にしてしまうと、
現像したくてウズウズしちゃうんですよねぇ(笑)
空振りしたこともありますが、何度か写っていたこともありました。
モノクロで、学生が写っている写真とか。
また機会があったら公表しちゃいますー♪
  • 2014/01/27 23:28
  • ラサ
  • URL
vinさん
確かに!
クロスプロセスなんて現像方法があるって知っていたかなぁ。。

多重露光、おもしろいですね!
それって撮影後、全部巻き上げちゃいけないんですかね?
ギリギリのところで取り出す??
それをvinさんに渡して、再露光・・・ってことですよね。
おもしろいかも!
  • 2014/01/27 23:30
  • ラサ
  • URL

うわぁ〜〜・・・

なんとも、じ〜〜〜んとキマすねえ。。。(´;ω;`)

写真は、デジタルに変わることで、
いつでもどこでもだれでもかんたんに・・・なツールになりました。
それって、とっても便利なことで、写真の可能性を大きく広げてもくれたけれど、
反面、残念ながら失われてしまったものってのもある。

そのひとつ(の、とても大きなもの)が、こうした《潜像》の過程ですね。

開けられることに、それなりの面倒な手続きがいるものの、
つねにだらしなくあけっぴろげではない、たいせつな『ひきだし』。
それが、たんなるノスタルジーなんてシロモノでないことを、
鮮やかに、そしてもう一度、この記事から教えられた気分です。

ウン。 ほんとうに、イイ写真だなぁ〜(^^)

あ、下の『Art of spring』も、めっちゃ好きですっっ♪

G.D.M.T. さん
ね~、ほんとフィルムが生きていて良かったです(´▽`)
現像した甲斐がありました♪
しかも、こんなミラクルな像を残してくれていただなんて。。
変な話、私のために未現像のままにしておいてくれたような(笑)
写真は時間を飛び越えることができる、本当にニクイシロモノです。

そして、フィルムの良さとして、このネガが劣化していく感じ。
少しずつ腐食していく感じ。
フィルムも生きている、と生々しく感じさせてくれる気がします。
デジタルだと、少しずつドット抜けとかしていくのでしょうか?
そのへんは、私にはまだまだ未知の世界です。

『Art of spring』、ありがとうございます♪
  • 2014/01/29 00:31
  • ラサ
  • URL
おおー、まさにフィルムならではの奇跡ですね。面白いです!
そういうことが自分にもなかったかと考えてみると、一度、現像に出したネガがよその人のものと入れ替わって渡ってきたことがありました。
その時は、他人のプライベートを覗くようで無闇に緊張し、スキャンもなにもせずに返してきましたっけ。
まあ、モノクロだし、透かしてみると明らかに色っぽい写真だったりもしたので……(笑)。

あとはね、古本屋で買った心霊関係の本に、でっかい白い百合の写真が挟んであって、それが凄く怖かったです。

狛さん
ほかの人のネガが手元に届くのは、ちょっとドキドキですね。
しかも色っぽいものだなんて・・・笑
そんなものがまさか他人の手元に届いてしまうとは、撮った本人もビックリしたでしょう。

本に押し花があることは希にありますが、
白い百合の写真!?だなんて、聞いただけで鳥肌が・・・(;゚Д゚)
買ってしまったあたり、狛さんがその後どうしたのか気になります。
  • 2014/01/31 00:25
  • ラサ
  • URL
贈り物
お久しぶりですが、いつもながらの時間差コメント(笑。
クロスとは発想がすごいですね、私まだそれはやったことないです、
間違って現像しちゃって・・・・ってことを聞いたことはありますけど。

しかし、確かに70年代っぽい、よくぞ画像が残ってましたね、
2~3度同様のフィルムを現像に出しましたがずれもカラーネガ、どうにか画像は見えますがはっきりはしてなかったです、ただ七五三らしき晴れ姿と当時の新車らしき車だったり、高校卒業式みたいな写真とかでした、あたらめて写真のもつ”意味”を感じたものです。
ただカメラの売主にそれを告げても元の持ち主は分からなく、そんな写真があったということも告げられずで若干さみしい気がしました。
しかも捨てられず手元のどこかにはネガのままあります(笑。

こうやて公表することにより日の目を見た写真、なんとなくゆるく素敵な話ですね。
  • 2014/02/02 12:45
  • kei
  • URL
  • Edit
keiさん
お久しぶりです!
クロスは単純にポジ現像より安かったからで・・・^^;

keiさんも似たようなことをされたことがあるのですね。
七五三に卒業式、まさに写真は記録、記憶、なのだな~。
ほんと撮った時は気持ちが込められいたはずなのに、
本人の手元に届かないなんて寂しいですね。

他人の写真はやっぱりリアルで生々しく、そのままでは出せなかったかもしれませんが、
クロスにすることでいい具合にリアルさが抜けたので公表してみました。
いつか誰かが「これは若かりし私では・・・!?」とか気づいてくれたら嬉しいなぁ(笑)
  • 2014/02/03 00:08
  • ラサ
  • URL
こんばんは。
素敵な話しだったのでちょっとお邪魔させていただきました。

アンティークショップに誰のものかはわからない写真やアルバムが
売られていることがよくありますがある意味これに近いのかも。
でも自分で現像してみるってことはまた違うかな。。。
ま、いいや(笑)。
ほのぼの。ありがとうございます。
gwblueさん
こんばんは!
コメントありがとうございます。

アンティークショップにある物も、どんな人が使っていたのかな~と想像しちゃいますよね。
今回のフィルムは、ちょっとリアルに物語ってくれました。
また機会があったら挑戦してみます☆
  • 2014/02/03 23:46
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)