森の声(鍋割山登山レポ)

  • Day:2013.12.15 00:02
  • Cat:iPhone
nabewariyama

nabewariyama

nabewariyama

森と戯れる、小さな幸せ。

以下、鍋割山登山レポートです。忘れないために。
2013年12月12日、8時30分大倉バス停出発。
nabewariyama
長い西山林道をひたすら歩き、9時30分黒滝の分岐点。ベンチでちょっと休憩。
滝を見に行ってみたら往復15分かかりました。
nabewariyama
9時55分、分岐出発。次は二俣を目指します。10時15分二俣着。
nabewariyama
小さな橋を渡ってしばらくすると、ペットボトルの山が見えてきます。
nabewariyama
これは、山頂にある鍋割山荘で使う大切なお水。
運んでくれるボランティアを募っています。
私は体力不足なため、1本だけ・・・。
nabewariyama
さて、ここからが本格登山です。
一気に急になります。
nabewariyama
休憩するようなところはほとんどないので、どんどん登ります。
1000メートルを超えてしばらくすると、左手に富士山の頭が見えてきます。
この瞬間が好き。
そして・・・。
nabewariyama
そう!目的はコレ。山頂鍋割山荘の鍋焼きうどん!
このために登ったのだ。
具沢山で美味しかったです。週末は混雑するようですが、この日は注文してから10分ほどで出てきました。
満足したところで、出発。(12時20分登頂、13時10分出発)
下山時刻を考えると、あまりのんびりはしていられません。
今回は小丸尾根経由で帰ります。まずは、塔ノ岳方面に向かいます。
小丸13時37分着。
さらに進み、小丸尾根分岐へ。分岐13時45分着。
この標識の向こう側へ進むと下山ルートになります。
nabewariyama
この先の見晴らしがまた格別!
nabewariyama
この先の下山ルートは、獣道のような細い道が続きます。
足元をよく見て歩きます。
nabewariyama
ほとんど下りですが、ちょっとだけ上りもあります。
木の根っこがたくさんあるから、引っかからないように気をつけて・・・。
nabewariyama
あとはもうひたすらに下りるのみ。
途中、ここの道でいいのだろうかと何度も思いますが、大抵どこへ行っても合流しています。
「小丸まで1000メートル」「小丸まで2000メートル」の看板の後に、
この分岐が見えてきたら、二俣はもうすぐ。
nabewariyama
そして二俣15時18分着。
あとは長い西山林道をズンズン進み、大倉を目指します。
バス停近くの無人販売所の野菜を購入するため、ちょっと急いで歩き(笑)、
16時15分バス停着でした。お疲れ様です。
nabewariyama

小丸尾根は岩場はほとんどなく、ほぼ土なので足腰への負担が少なく筋肉痛になりにくいのがメリット。
でも急で滑りやすかったり、木の根っこが多かったりで注意力が散漫になってきた頃が危険です。

オマケ。山で出会ったあれやこれや。
nabewariyama

nabewariyama

nabewariyama

nabewariyama

Comment

山頂での鍋焼きうどん、めちゃくちゃ美味しそう!
その為だけに登る気持ちはよ~くわかります。
私も最近よく山に行きます。
わざわざガスや鍋を持って行って暖かいモノをいただいてます(笑)。
RYO-JIさん
美味しかったですよ~♪
目的があると登りがいがありますよねo(^▽^)o
ガスや鍋持って登山なんて本格的で楽しそう!
私もいつかは挑戦したいなぁ。
  • 2013/12/16 00:48
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)