FC2ブログ

いのちの食べ方

  • Day:2013.05.24 00:02
  • Cat:NewFM2
aji
(NikonNewFM2/KodakProFotoXL100)

何も知らずに食べるより、色々と知っていた方がいい。

----------------------------------------
写真は居酒屋で撮ったアジですが、今日初めてタイを自分でさばいてみました。
恥ずかしながら、魚をさばくこと自体初めてです。
たまたま通りかかった魚屋さんで、タイが二匹500円とお買い得だったので、
勢いで買ってしまったのだけど・・・
タイってこんな顔なんだ、とか、背びれが鋭くて怪我しそう!とか、
内臓とか、ウロコの質感とか、さばく難しさとか、色々と勉強になりました。
すごく時間かかった!
大島で買ったベッコウ醤油(唐辛子入りの醤油)を使った漬け丼と、タイ茶漬けの二種類を作ってみました。
味はさすがのタイさま。絶品!
いつもよりずっと「目の前にある命」に感謝して食べることができました。
もっと早く知るべき世界だったな。

Comment

命の食べ方

良いタイトルですね
タイの目が生きてるようです
アジの目が綺麗ですね~。
まだ生きているみたい。

それにしても、いきなりタイを捌いてしまうラサさん、すごい♪
私はウロコ取りがいまだに苦手で、骨抜きも。
だからアジとかイワシなら苦じゃないんですが、
タイを捌くのは、結構、気合が入ります(笑)
でも二尾500円は安いですね。

今目の前にある肉や魚が、あるいは野菜が、
元々は、どういう姿で生きていて、
それがどうやって、今眼の前にあるのか。
それを知ることって、とても大切な事ですよね。
命を頂くことのありがたさも、今の食卓からは
なかなか感じられなくなっているから。

  • 2013/05/24 10:19
  • かぷちーの
  • URL
  • Edit
たにやんさん
写真はアジです・・・居酒屋さんの(笑)
タイの写真は撮りそびれてしまいました。

このアジはお皿の上でもまだ生きていました。
両親は食べていましたが、私には食べれませんでした。。。
  • 2013/05/24 16:32
  • ラサ
  • URL
かぷちーのさん
そうなんです、目がきれいで撮っちゃいました。
まだ生きていたんですよ。
さばかれてしまっていたのに。。。
私には食べれませんでした。
うーーーん。

タイさばくの大変でした!
いきなり大物を狙い過ぎましたね(笑)
次は小さめの魚に挑戦してみます。

食べ物のルーツを知ると、食材にもっと興味が持てますね。
最近はファーマーズマーケットに行くのも好きで、
そこで生産者さんとお喋りをする時間を楽しんでいます。
今日は無農薬トマトを買う予定!
この前味見させてもらったら、おいしさがギュッと詰まっていて忘れられない味でした。
売っているといいな~。
  • 2013/05/24 16:37
  • ラサ
  • URL
みんな動物が死んだら可哀想とか言うけど、しっかり肉食ってますよね;
多分、食べ物は動物ではなくて、あくまで食べ物としか認識しない様に出来てるのかもしれないですね。
可哀想と思うスイッチが入らないというか・・・
かく言う自分もそうでしょうけど。
ともあれ自分たちが生かしてもらってる事に感謝しないといけないですね。
すごい!鯛をさばいたんですね!?
私も過去に何度か挑戦しましたが、時間かかるし、身が綺麗じゃないし(^^;;ぐちゃぐちゃになった鯛を見るともったいなく思えて。
買うときはお店の人に頼んでばかりで、なかなか挑戦できません。

ホントに!色々と知っていた方がよりありがたくいただけますね♪
食育はやっぱり大事です。
vinさん
そうなんですよねー、感謝しないといけない!
そのためには、自分でさばいて血や内臓を見ることは大切なことだと感じました。
正直、グロかったけれど・・・。
みんな生きていて、その命をいただいているということ。
子どものうちから知りたかったなと思いました。

以前アラスカ生活に憧れていた時、
自分にシカをさばけるだろうかと真剣に考えました。
結局はやってみないと分からないけれど、
命の有難さを痛感して大事に食べるだろうなということは容易に想像できました。
私も人間じゃなかったら食べられていたかもなぁ・・・。
  • 2013/05/25 21:13
  • ラサ
  • URL
Mogumogu Ringoさん
うんうん、そうですねー。
食育は大事ですね。
感謝の気持ちを常に持てるし。

魚さばくの初めてなのに、タイって言うのは無理がありました!
まぁ、時には勢いも必要かと(笑)
結構ぐちゃぐちゃになりましたが、味が良かったのでヨシとしました^^;
  • 2013/05/25 21:18
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)