FC2ブログ

Comment


くぅぅ〜〜〜っっっ! キュンときましたぁ〜〜。。。
まさに、“かげとひかりのひとくさりづつ そのとほりの心象スケツチ”ですネ。

『春と修羅』・・・
その“序”をはじめて読んだ時の驚きといったら、もう!
いまでも読み返すたび鮮明に(それでいて、どこか、ぼおっと)
そん時の感覚を、憶いだすことができるのでした。

ますむらひろしさんのキャラクターと、細野さんの音楽という
これ以上ないほど絶妙な組み合わせでアニメーション映画化された
『銀河鉄道の夜』のエンディングで、常田富士男さんによって、
その“序”の冒頭の部分が、朗々と読み上げられたときは、
・・・・(´;ω;`)ブワッ!となりましたデス。。。
http://www.youtube.com/watch?v=rfBYp2Ep7fI

DM、できましたね〜♪
イイ写真だなぁ。。。
搬入が近くなる頃まで、ねばって撮り続けられる感じでしょうか(^^)
とても素敵な展になりそうです♪
Re: タイトルなし
うわぁ、、、
『銀河鉄道の夜』ヤバソウですね。。。
なんとも言えないキャラクターの存在感、細野さんの迫る音楽、
あの短さでもドキドキしてしまいました!

実は『春と修羅』も読んでいないのですが、
なんででしょう、パッとその言葉が閃いたのです。
私にはまだまだ知るべき世界がたくさんあるなぁ~。

あ、3枚目にうっすらと鳥が飛んでいるの分かりましたか?
思ったより分からなくて残念。。。

DMはあんな感じでいつもとテイストが違うので、
自分でも「これでいいのか?」状態です(笑)
ここまできたらもうやるしかないので、ガンバリマス~。
  • 2013/04/16 12:19
  • ラサ
  • URL

>3枚目にうっすらと鳥が・・・

・・・わかるわかる!
思ったよりわからない程度にわかる(ややこしい(爆))のが、
結びの画として利いてるな〜♪と。
そこに・・・ キュン!ですっ♪

この『銀河鉄道の夜』・・・ まぢヤヴァイっすよお。。。
DVDで、自宅で真夜中に見て卒倒しそうになりました!!
リンク先の冒頭にも映ってるけど、物語に立ち現れる銀河の星々たちは、
よくある白い絵の具をチョンチョンと細かく飛ばして・・・とか、
エアブラシなんかを使った単なるアニメの『背景画』ではなくって、
細かく細か〜〜〜く砕いたガラスを撮影した『映像』なんですって。
コレも、思ったよりわからない(笑)っちゃあわからないんですが、
それでもやっぱり、どことなく眼にひっかっかってくる
独特の効果があって、非常に印象に残るものでした。

ますむらひろしさんの描かれた素晴しい本・・・
『銀河鉄道の夜―最終形・初期形〈ブルカニロ博士篇〉』も、僕の愛読書。
http://book.akahoshitakuya.com/b/4030148301

タナカホンヤさんあたりにも、置いてありそうだなぁ〜♪
G.D.M.T. さん
気づいてもらえましたか~よかった!

『銀河鉄道の夜』、どうやら必見のようですね。。。
砕いたガラスを撮影なんて聞いただけでワクワクドキドキしちゃいます。
万華鏡とか、大好きなんですよ。

『銀河鉄道の夜―最終形・初期形〈ブルカニロ博士篇〉』、
タナカホンヤにあるかなぁ?
探してみます。
G.D.M.T.さんいつか遊びにいらしてくださいね~☆
  • 2013/04/19 01:11
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)