FC2ブログ

素晴しき日曜日

  • Day:2013.02.22 22:21
  • Cat:D700
the great sunday
(映画:素晴しき日曜日ヨリ)

日本人として、黒沢明作品を1つくらい観ておかねばと思った。
でも、どうも時代劇には惹かれず・・・。
初めて観たのは「天国と地獄」。
身近な黄金町や鎌倉が舞台なのは面白かったけれど、
内容は展開が遅く、個人的にはイマイチ。
次に観たのは「素晴しき日曜日」。
これは貧乏な恋愛ものなので、共感できるところも多々あり(^^;)、面白かった。
上の写真のシーンに来たとき、「なんてフォトジェニック!」と思いテレビ画面を複写。
他にもいいシーンがいくつかありました。

lover

これは先日、日暮里で撮ったもの。

(NikonD700)

Comment

おはようございます。
僕もまともに見た記憶がないのですが、上の写真を見て、モノクロ写真をやるなら、モノクロ映画も大いに参考になるよなあと気付きました。
参考というか、きっかけを与えてくれるというか。
今なら得るものが多いのではないかと思います。
狛さん
うんうん。
実際何枚か写真撮っちゃいました。
かっこいーって。
カメラワークとか構図とか、参考になりました。
小津作品も観なくっちゃ。
  • 2013/02/23 22:51
  • ラサ
  • URL
そういう目で映画を見たことは無かったのですが、ある時movieを撮るお手伝いをさせられまして、写真を撮っていることが結構役立ちました、
フレームの中に何と何を入れるか、どこで切り取るか何処に主要なものを置くかなど、もちろん動きも加わりますので、写真以上に先も考えておかないといけませんから大変でしたけど、
でも、カメラワーク次第でストーリーの雰囲気というか空気?、変わっちゃうんですよね、いかに重要か思い知りました(^^ゞ。

以後映画もついそういう目で見てしまします、といいつつ映画はほとんど見ないんですが(笑。
  • 2013/02/24 15:03
  • URL
  • Edit
kさん
動画は本当に大変だなーって思います。
ワンシーンごとに作り手の狙いがあるわけで、
完成までには膨大な努力があるんですよね。
写真は一瞬に命を込める感じなので、長引かないのがいいです^^;
カメラワークという点では、王道ですが「家族ゲーム」は印象的でした。
あと「書を捨てよ町へ出よう」も昔観て衝撃を受けました。
ストーリーも大事ですが、カメラワークも印象を強める重要なポイントですねぇ。
  • 2013/02/25 01:11
  • ラサ
  • URL
家族ゲーム あれは衝撃でしたね、確かに。
あまりたくさんの映画を見ていないのでわかりませんけど、
ストーリー以上にカメラワークが印象に残ってます^^;。
  • 2013/02/25 01:14
  • URL
  • Edit
kさん
実は私もストーリーをよく覚えていません・・・(汗)
久しぶりにまた見てみようと思います!

  • 2013/02/25 22:37
  • ラサ
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)