FC2ブログ

旅の終わり、皆既日食

※この記事は長いです。気合いを入れて最後までお付き合いください!

----------------------------------------------------------------------

2009年7月22日。
いよいよこの日が来た。
旅の最終日であり、みんなが注目した皆既日食の日。

5時に起床して外を見るとあいにくの曇り空。
この18日間、とても充実した旅をしてきたから、
もし皆既日食が見れなくてもそんなに辛くはない、そう思っていた。

ベランダに出てみるといつもとは何かが違う・・・。
明らかに人が多い!
ヒンズー教では日食は悪いこととされているから、
みんなガンガーに浸かり、日食に向けて祈りを捧げているのだ。

a solar eclipse in india

雲が来ては通り過ぎ・・・
いよいよ太陽が欠け始める。

a solar eclipse in india 

a solar eclipse in india 

その間も女たちは祈りの歌を歌い、

a solar eclipse in india 

男たちは静かに祈り続ける。

a solar eclipse in india

皆既に近づくにつれ雲はどんどん流れていく。
鳥はびゅんびゅん飛んで行く。
(ヤギは一向に変化がない。)
辺りが夕方のようになって、星が見え始めた次の瞬間・・・

a solar eclipse in india

a solar eclipse in india

世界の光が吸い込まれた。

それはあまりにもあっという間の出来事だった。
頭では分かっていたことなのに、何が起きたのか理解できない。
涙がポロポロこぼれ、体が震え、私は手で顔を覆った。

そこには絶対的な黒い太陽と、
その周りにわずかに漏れるコロナの光。
頭が真っ白になってまで感じたことは太陽が時空を越えた神様なのだということ。
宇宙の中では人はチリに過ぎず、やはりいずれ死んでいくということ。

a solar eclipse in india

a solar eclipse in india

闇に包まれている間もみんなは歌い続け、祈り続け、
そして人々の不安を振り払うように、この世にいつもと同じ光が戻ってきた。

a solar eclipse in india

あぁ、太陽があるって素晴らしい!

a solar eclipse in india

a solar eclipse in india

a solar eclipse in india

我らは太陽の子なのだ。

a solar eclipse in india

宿に戻ってからもしばらくは放心状態が続いて、
ベッドに倒れこんだまま動けなかった。
それでもなんとか帰国の準備をして、最後にいつものブルーラッシーへ。
今日も店の前を死者が通っていく・・・。

a solar eclipse in india

今回は呼ばれている気がしなかったけど、やっぱり呼ばれていたんだ。
ありがとうインド!!またいつの日か!


(1~11枚目:NEWFM2/Kodak UC400、12~15枚目:NEWFM2/PROVIA400)


※これで2009年インド旅日記は終わりです。長い間ご覧頂きありがとうございました!


Comment

今日はありがとう!
そして素晴らしいインド旅の分かち合いありがとう!

今は携帯からだけど、ヒロの心の震えが伝わってきたよ。

私も八王子の街で、日食を見上げたこと思い出した。
またパソコンから一枚一枚じっくり堪能させてもらうね!
  • 2009/10/29 01:15
  • えり
  • URL
おかえりなさい…ってもう遅いですよね(笑)
異国情緒たっぷりの写真、堪能しました。
遺したフィルム、一生の宝物になりますよ!
  • 2009/10/29 16:25
  • かぱまん
  • URL
すばらしい!!
泣きそうになったっす。マジで。
ありがとうです!!
  • 2009/10/29 19:22
  • jinkochan
  • URL
  • Edit
素晴らしいっ!
あぁー。

なんか、旅したなーって気持ち。
いい旅をさせてもらった感じ。
ありがとう。
  • 2009/10/29 21:33
  • garamond
  • URL
いや~すごい作品群でした。ありがとうございました。
最後はなんか一緒に泣けてきてしまいました・・・
おとにゃんもどこか遠くに行きたい!
こんばんは~。
素晴らしい経験をされましたねぇ。
ドラマや映画でする感動もいいのですが、
やはり自然の力を自分の目や耳などの五感で
感じた時に生まれる感動というのが一番
素晴らしいなぁと最近つくづく思います。
いや、ほんと、イイ写真ばかりでした。
→えりちゃん
こちらこそありがとう!
葉っぱの河童・・・忘れないよ(笑)
日食の感動が伝わったなら何よりです☆


→かぱまんさん
見ていただきありがとうございます!
ほんと、フィルムは宝物です♪
今はずさんに置いてあるけれど、
ちゃんと湿度のないところにしまわなくっちゃ。


→jinkochanさん
伝わりましたか伝わりましたか?
日食のすごさは文や写真で伝えるのはとても難しいです。
だから絶対みんなに自分の目で見てほしい~!
部分日食じゃなくて絶対皆既日食です!
→スライさん
ありがとう!
スライさんも30年後の日本と言わず、
世界に飛び出て見てきてください☆


→garamondさん
いえいえ、こちらこそ長い間見ていただきありがとうございました^^
今は結構出しきった感があって、
しばらくは次へ進む力が出なそうです・・・。


→おとにゃんさん
そう言ってもらえると嬉しいです!
がんばった甲斐があります^^
おとにゃんさんもぜひいつもとは違うどこかへ!


→jomuさん
ありがとうございます☆
ほんと五感でダイレクトに感じることってスバラシイです。
日食においてはもう心臓をギュってやられたような感じでした(;-;)
日食の瞬間にラサさんが体験した「胸の奥から来る感動」。素敵ですね。

闇があるから、光が分かる。暗闇があるから、太陽ってすばらしい!

そんなことを思いながら楽しめたインドシリーズでした。

いつも、どうもありがとう。
  • 2009/10/30 12:03
  • イリイリ
  • URL
こんばんは。
ものすごい体験されたんですね。その場に居られた事羨ましいです。
今からチャイ飲みますw
  • 2009/10/30 20:19
  • shinnoza
  • URL
心、うたれました。

うまくは言えないけれど…、
こういう写真を、体験を、
届けてくださったラサさんに
“ありがとう!”です。
旅行記お疲れ様でした
すごく楽しませてもらいました
最後の締めめちゃめちゃいいですね!!
構図すごくよかったです
魅せてくれますね

お疲れさんでした
→イリイリさん
イリさんにも見てほしいです、皆既日食。絶対!
それにしても感動を言葉で伝えるのって難しいですね。
色々悩みました~(笑)
それから本当にフィルムありがとうございました!
今回は全部で25本くらい持って行ったんですが、
ぴったり全部使い切りました。
モノクロは1本裏蓋開けちゃってサヨナラでした(;-;)


→shinnozaさん
本当にいい体験でした。
このまま死んでしまうのではと思ったほど^^;
チャイいいですね!


→レイさん
そう言ってもらえると本当に嬉しいです。
ありがとうございます。
この感動をぜひご自身で体験してほしい~(> <)
大げさじゃなく、
「あぁこれを見れただけでも生まれてきてよかった」と思いました。


→ナタテココさん
締めにはピッタリでしょ?
翌日からフジロックに行くための当日帰国だったんですが、
エアインディアがフライトキャンセルをしよってタイ経由に・・・。
見事な終わりと見せかけて、ほんとはオチがついているのでした(笑)
これは…すごい。
何の予定があろうとも、行っておいた方が良かったかもという気になります。
人生観変わりそう。

ありがとうございます!
  • 2009/11/02 00:05
  • まる
  • URL
  • Edit
→まるさん
こんばんはー!元気にしてますか。
皆既日食、人生観変わりますよきっと^^
世の中には日食ハンターなるものがいるそうですが、
私もその一人になってしまいそうです・・・。
本当に素晴らしいです。
どうもありがとうございました。
→Tatsuさん
インド写真だいぶ長くなってしましましたが、
最後までご覧頂きありがとうございました!
この皆既日食だけは気持ちを伝えたかったので気合い入れて更新しました。
写真を撮っていたときは手が震えていたのと
頭が真っ白になっていたのとで、あまり自信はなかったのですが、
そこそこは写っていたので良かったです・・・。

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)