FC2ブログ

御柱祭 春の旅 7

  • Day:2010.09.22 01:31
  • Cat:NewFM2
kami no ato 2

木落としの後も曳行は続く。

yoisa

よいさー。

yoisa

よいさー。

yoisa

気が付けば日が傾き、もうすぐ目的地。
御柱と氏子が1つの塊になって淡い夕暮れの中を進んでいく姿は
なんだかとても美しく、熱い。

yoisa

あと少しというところで綱が切れた。
「木遣!」と誰かが大声で言う。
木遣がまた歌いだす。
「山の神様 お願いだー 心を合わせて お願いだー」

yoisa

木遣に合わせてみんなが声を出す。
「よいさー よいさー よいさー」

yoisa

もう少し。

yoisa

もう少し。

kizukeba yoru

そしてついに注連掛に辿り着く。もう夜。
また木遣が歌う。
歌詞は人それぞれ、アドリブなのか元々決まっているのかは分からない。

「氏子の皆様 長の道中 御苦労だ 無事に曳きつけ 万々才」


まだつづく。

(NewFM2/KodakUC40、2,6枚目はGR1v/KUC400)