FC2ブログ

旅の終わり、皆既日食

※この記事は長いです。気合いを入れて最後までお付き合いください!

----------------------------------------------------------------------

2009年7月22日。
いよいよこの日が来た。
旅の最終日であり、みんなが注目した皆既日食の日。

5時に起床して外を見るとあいにくの曇り空。
この18日間、とても充実した旅をしてきたから、
もし皆既日食が見れなくてもそんなに辛くはない、そう思っていた。

ベランダに出てみるといつもとは何かが違う・・・。
明らかに人が多い!
ヒンズー教では日食は悪いこととされているから、
みんなガンガーに浸かり、日食に向けて祈りを捧げているのだ。

a solar eclipse in india

雲が来ては通り過ぎ・・・
いよいよ太陽が欠け始める。

a solar eclipse in india 

a solar eclipse in india 

その間も女たちは祈りの歌を歌い、

a solar eclipse in india 

男たちは静かに祈り続ける。

a solar eclipse in india

皆既に近づくにつれ雲はどんどん流れていく。
鳥はびゅんびゅん飛んで行く。
(ヤギは一向に変化がない。)
辺りが夕方のようになって、星が見え始めた次の瞬間・・・

a solar eclipse in india

a solar eclipse in india

世界の光が吸い込まれた。

それはあまりにもあっという間の出来事だった。
頭では分かっていたことなのに、何が起きたのか理解できない。
涙がポロポロこぼれ、体が震え、私は手で顔を覆った。

そこには絶対的な黒い太陽と、
その周りにわずかに漏れるコロナの光。
頭が真っ白になってまで感じたことは太陽が時空を越えた神様なのだということ。
宇宙の中では人はチリに過ぎず、やはりいずれ死んでいくということ。

a solar eclipse in india

a solar eclipse in india

闇に包まれている間もみんなは歌い続け、祈り続け、
そして人々の不安を振り払うように、この世にいつもと同じ光が戻ってきた。

a solar eclipse in india

あぁ、太陽があるって素晴らしい!

a solar eclipse in india

a solar eclipse in india

a solar eclipse in india

我らは太陽の子なのだ。

a solar eclipse in india

宿に戻ってからもしばらくは放心状態が続いて、
ベッドに倒れこんだまま動けなかった。
それでもなんとか帰国の準備をして、最後にいつものブルーラッシーへ。
今日も店の前を死者が通っていく・・・。

a solar eclipse in india

今回は呼ばれている気がしなかったけど、やっぱり呼ばれていたんだ。
ありがとうインド!!またいつの日か!


(1~11枚目:NEWFM2/Kodak UC400、12~15枚目:NEWFM2/PROVIA400)


※これで2009年インド旅日記は終わりです。長い間ご覧頂きありがとうございました!