FC2ブログ

北海道旅☆知床五湖

shiretoko lake

知床五湖をぐるりと一周した後は、高架木道を歩く。
この木道の周りにはヒグマ対策の電気柵が張られている。
顔が痛いほどの強風で、柵にしがみつきながら少しずつ前進。

shiretoko lake

木道の奥から見た一湖の眺め。
湖なのに波が・・・。

shiretoko lake

神は怒っておられるのですか?

shiretoko lake

shiretoko lake

光!

shiretoko deer

そしてやっぱりシカ。

そうそう、かわいそうと思うかもしれませんが、
知床自然センターではシカバーガーを頂きました。
ごめんなさい、ありがとうございます。おいしかったです。

つづく。

まだ9/28(2枚目:RICOH GR1v/KodakUC400、ほか:NikonNewFM2/KodakUC400)

北海道旅☆知床の木

フレペの滝を見た後、知床五湖へ。
相変わらず暴風で、吹き飛ばされそうになる。
今回は好きな被写体の1つ、木の写真を集めてみました。

shiretoko tree

シカの角みたい。

shiretoko tree

倒木。

shiretoko tree

キツツキの穴。

shiretoko tree

空洞になった木の中に入ってみた。
からっぽなのに、葉っぱが生い茂ってる。強い。

shiretoko tree

コケむしむし。

つづく。

9/28(1・2枚目:RICOH GR1v/KodakUC400、3~5枚目:NikonNewFM2/KodakUC400)

北海道旅☆羅臼ヒカリゴケ

翌日(9/28)はクルーズに行く予定だったけれど、起きてみたら強風・・・。
案の定「欠航」の連絡が来て、予定変更。
近くのヒカリゴケを見に行く事に・・・。

hikarigoke

これ。光を反射して光るらしく、天気が悪かったせいなのか全然光ってなかった!
でも写真だと少し光っているように見える。
レンズには見えていたのだな。

deer family

帰りにシカファミリーに遭遇。
わーわー言って見てると、地元のおばちゃんが「いっつもいるんだよー」だって。

戻ってチェックアウトして、ウトロ方面のバスに乗り込む。
乗客は私たちのみ。
運転手さん、霧がすごいですね。

fog road

前がよく見えない・・・

fog road

fog road

つづく。

9/28(1~3枚目:NikonNewFM2/Fujifilm100、4・5枚目/RICOH GR1v/KodakUC400)

北海道旅☆羅臼の夜

rausu

レトロなパチンコ屋。
港町、羅臼の夜は暗い。

rausu

猫!

rausu

この道路の左側には海があって、闇に溶け込んでいる。
見えないけれど、呑みこまれそうな気配を感じて少し怖い。
街灯1つがとても明るく感じる街だ。

この日は簡易的な宿はまなす(民宿らしい)に宿泊。
私たちが行った時はスタッフは誰もおらず、部屋には鍵が置かれていた。
こんな宿は初めてだった。
素泊まりで3000円也。

そして初めてのトド刺しを食べ、
あんまり美味しいものではないなぁと思いつつもありがたくいただく。
この地ならではのものを食べられるのは、旅の醍醐味!

*町名「ラウス」の由来はアイヌ語「ラウシ」(低いところ・獣の骨のあるところ)からだそう。

9/27(RICOH GR1v/KodakUC400)

北海道旅☆中標津~羅臼

2010年9月末から2週間ほど行った北海道2人旅写真、ようやく始めます。
まずは中標津到着!
ラウス行きのバスが来るまで街をウロウロ・・・

nakashibetsu

nakashibetsu

人が少なそうなところ。

nakashibetsu

バスに乗り込んでいざ出発!

kunashiri

遠くにうっすら見えるのは国後島。
あれがロシアだと言うのかい?否!!
ちょっと胸が熱くなる、そんな旅の始まり。

*今回の旅カメラはリコーのGR1vとニコンのNewFM2の2台です。旅の常連カメラ。
9/27(1~3枚目:RICOH GR1v/KodakUC400、4枚目/NikonNewFM2/Fujifilm100)